プレスルーム
PRESS

2018.12.03企業のSDGs推進の取組みとして採用可能な 絵本棚スポンサーパッケージ「こどもえほんだなプログラム」を発表

pdfはコチラ

絵本の情報・通販サイト「絵本ナビ」を運営する株式会社絵本ナビ(本社東京都新宿区/代表取締役社長金柿秀幸、以下絵本ナビ)は、SDGsへの取組みを行う企業や団体がスポンサーとなり、医院や店舗など子どもが訪れる施設に絵本棚を提供するパッケージ「こどもえほんだなプログラム」を発表、スポンサー企業・団体の募集を開始することをお知らせいたします。

本プログラムは、SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに|すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」に対応し、子どもが置かれている家庭環境等に関わらず、子どもが訪れる医院や店舗等で質の高い絵本に出会う機会を提供するものです。企業・団体はこの絵本棚を購入してスポンサーになることで、自社のSDGs推進の取組としてステークホルダーへ告知を行うことができます。

■2つの選書コンセプトから選定

本プログラムを採用する企業・団体は、2つの選書コンセプトのいずれかを選択することができます。
A:インスパイア(Inspire)〜ひらめきを子どもたちに〜
ちょっと難しくても、自分の世界を拡げる、新しい何かに出会うドキドキ、ワクワク、ひらめきがテーマです。新しい時代を担う子どもたちに、「世界を拡げ、未来の入口となる絵本」に触れる機会を提供します。

B:傑作(Masterpiece)~愛され続ける傑作絵本を子どもたちに~
傑作と太鼓判を押されている絵本でも、様々な事情で子ども時代に読む機会がなく通り過ぎてしまうことが多くあります。日本で出版されている国内外の傑作絵本を集め、接する機会を子どもたちに提供します。

 

■企業・団体のメリット:全てのステークホルダーにSDGsへの取組をアピール

SDGsの重要性を理解しつつも、何をすべきか検討中の企業・団体において、できることからはじめることで、取組をステークホルダーに示すことができます。

① メディアリリース:プレスリリースに加え、絵本ナビ、子育て誌「miku」で取組を紹介します。

② 自社発信:自社企業サイトからの発信、株主通信などでのIR、社内報、企業広告等で発信できます。

③ 棚利用者へのブランド発信:絵本棚前面にスポンサー企業のロゴが入ります。子どもの訪れる医院・店舗が設置箇所ですので、長期に渡るファミリー層へのブランド訴求が可能です。

※「絵本ナビ」は株式会社絵本ナビが運営する総合絵本情報サイトです(年間利用者数1000万人以上)。

※「miku(ミク)」は株式会社絵本ナビが発行する育児情報誌です(発行部数13万2000部/配布2600箇所以上)

 

■設置施設のメリット:無償で充実した絵本棚を設置できる

医院や店舗など子どもが訪れる施設では、絵本の配備のニーズは大きいものの、予算の都合などで、ボロボロになった古い絵本が置かれていたり、冊数が限られていたりするものです。本プログラムに参加する設置施設では、スポンサーとなる企業・団体の費用で、充実した絵本棚を設置することができます。

(設置施設には、活動報告用に、実際に設置した状態での写真撮影・提供をしていただきます)

※「miku」設置配布箇所である小児科・産婦人科・店舗など約2600箇所を設置施設候補として予定しています。

 

■規模と予算に応じたプランを用意

① エンタープライズ(全国規模の大企業向け)1,300万円(200箇所)〜700万円(100箇所)

② スタンダード(企業法人向け)       150万円( 20箇所)〜100万円( 15箇所)

③ スモール(個人・小法人向け)        20万円(   3箇所)〜   6万円(  1箇所)

※上記は初年度の価格です。ご希望に応じて2年目以降の絵本追加のプランを用意しています。

※プランにより特典が異なります(例えばエンタープライズでは絵本棚を企業カラーにカスタマイズできる、設置箇所を指定できるなどの特典があります。詳しくはお問い合わせください)

 

■選書チーム

経験と実績豊富な選書チームが、選書コンセプトに合わせた良書絵本を選びました。

 

<株式会社絵本ナビ 代表取締役社長:金柿秀幸のコメント>

ESG投資が世界の潮流となり、ステークホルダーによる企業評価の世界共通言語としてSDGsの重要性が高まってきています。一方で、GPIFが東証一部上場企業向けに行ったアンケート調査では、SDGsへの取組を始めている企業は24%に留まり、40%が「検討中」となっています(※)。本プログラムはこのようにSDGsへの取組を検討されている企業・団体に「すぐに採用可能なパッケージ」を提供し、街中で質の高い絵本に出逢える社会作りを推進していってもらえるものです。私たち絵本ナビは、絵本の紹介と販売を通じてご家庭や園で「幸せな時間」を過ごすことをお手伝いしてきましたが、SDGsの理念である「誰一人取り残さないーNo one will be left behind」に共鳴し、子どもが置かれている家庭環境等に関わらず、質の高い〜ひらめきをもたらしてくれる絵本や愛され続ける傑作絵本に出逢える社会の実現に向けて、本事業を企画し推進していくことにしました。初年度の設置目標は2,000箇所。多くの企業・団体様の参加を期待しています。

※「第3回機関投資家のスチュワードシップ活動に関する上場企業向けアンケート集計結果(年金積立金管理運用独立行政法人)」

 

■お問合せ先:企業・団体様向け資料をご用意しています。下記までお問合せください。

株式会社 絵本ナビ コマース事業部 法人物販担当 ml_shop@ehonnavi.net

金柿秀幸(かながき ひでゆき)hideyuki_kanagaki@ehonnavi.net

伊藤 恵(いとう めぐみ)  megumi_itou@ehonnavi.net

TEL    : 03-6692-1308(平日10:00-12:30、14:00-17:00) FAX : 03-5909-5361

※本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。また、絵本ナビの画面キャプチャーなどご自由に使って頂いて構いません。

 

■絵本ナビ 概要 http://www.ehonnavi.net/

「子どもに絵本を選ぶための情報を集めた参加型絵本紹介サイト」というコンセプトで、 2002年4月にオープンしたインターネットの絵本サイト。100 社を超える絵本出版社の協力を得て絵本の画像や紹介文を掲載、年間利用者数は1,000万人超。日本初となる市販絵本のデジタル読み放題作品は200作品以上、業界初となる、Web上で「一冊につき一度だけ」全ページが試し読みできるサービスの対象は2,200作品以上、 一部試し読み可能作品は8,700作品以上となっています。「子どもとどんな時間を過ごせたか」など、この絵本をこれから子どもに選ぼうとしている方へのアドバイス、という観点で書かれた37万件以上に上る利用者の「生の声」は、ただの評価にはない温かみと、情報としての深みがあるとして好評。独自の評価ランキングや、対象年齢別のおすすめ絵本、新着レビューコーナー、新刊絵本紹介、メールマガジンなど、豊富なコンテンツで、子育て中の母親を中心に人気を博しています。

 

 

育児情報誌「miku」概要

子どもと私が育つ!楽しむ!」をテーマに、 「ママパパ自身の気付き」「考えるきっかけ」を提供する育児情報誌です。 誌名のmikuは「将来、 素敵な未来が来るように」との願いから未来=ミクと名付けました。 ミク=39=産休 という意味もあります。

・発行部数          :132,000部

・発行サイクル    :年3回刊(3・7・11月発行予定)

・配布エリア       :全国+上海で2,600箇所以上(設置場所はWEBで公開)

・仕様               :A4判/4C/32~60P/中綴じ

・配布方法          :産婦人科や小児科、保育園やコンビニエンスストアを中心とした各箇所に、
ラックにて設置し、無料で配布しています(2018年11月現在)

 

 

■株式会社絵本ナビ 会社概要

会社名         : 株式会社絵本ナビ

代表者         : 代表取締役社長 金柿秀幸(かながき ひでゆき)

所在地          : 〒163-0228

東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階

設立             : 平成13 年(2001)年10 月25 日

資本金          : 10,000 万円(資本準備金18,450 万円)

URL             : https://corp.ehonnavi.net/

事業内容       : メディア事業・コマース事業・コンテンツ事業

 

以上